商品の見栄えに注意を!

商品の見栄えに注意を!

HE184

商品撮影は、いかにお客様にこの商品の魅力を伝えるかがポイントです。

撮影の仕方によって商品は魅力的にもなりますし、全然魅力が0に見える事もあります。

これは光の使い方ひとつでどうにかなりますが、撮影しなくてもまず、商品自体も魅力的に見せる必要があります。

たとえば、今からワイングラスの撮影をします。

このとき、グラスに指紋がべたべたと付いていては、せっかく格好よく撮影が出来たとしても、その画像を見たお客様は買う気になりません。

商品自体に汚れが無いか、指紋が付いていないかも肝心ですが、撮影に使う小道具達もキレイな状態でなくてはいけません。

ピカピカに磨き抜かれたグラスを黒のベルベットに載せて撮影します。

でも、そのベルベットに白いホコリが付いていては、せっかくの商品の魅力が半減してしまいます。

コンパクトデジタルカメラでさえ、そのホコリを完璧にとらえるくらいの性能はあるのです。

布を敷くなら布自体もテープ付きのローラーか何かでホコリを取り払っておく事が大切です。

服を撮影するならきちんとアイロンが当てられて、中に芯やタオルを入れて形を整えてから撮影に挑んでください。

ちょっとした手間をかければ、見違えるほど商品の魅力はアップします。

手間を惜しまず、ぜひ見栄えにも注意を払ってください。

ホームページ制作で信頼性をアピール

自社の信頼性をアピールするために役立つのがホームページです。

GA192_L
近年は、ホームページを持っている企業がほとんどです。
ある程度の事業規模で、ホームページを持たないほうが違和感があるほどです。

 

ホームページを所有するメリットは大きいです。

JZ108_350A
自社を手軽にアピールすることができます。
電話帳・雑誌でアピールする場合、限られたスペースしか利用できません。
これでは、自社の魅力をすべて伝えることはできないでしょう。

これがホームページなら、運営者のプロフィールまで詳しく掲載できます。
どんな人がスタッフで、社長は誰なのか?
これがわかるだけでも、信頼性は確実にアップするでしょう。

例えば、農作物の販売において、栽培者の顔をわかるようにすると、確実に売上がアップすると言われています。
ホームページ運営においても同様であり、可能なかぎり顔を掲載したほうが見込み客獲得につながりやすいのです。

顔を掲載するということは、責任を伴うということです。

これが嫌だという方は、顔は掲載したがりません。
顔の掲載に関しては自由ですが、掲載することで利用者に安心感を与えられるのは間違いありません。
特にエステサロンや歯医者など、人からじかにサービスを受けるような場合、どんな人が在籍しているのか利用者は気になるものです。

ホームページ作成代行業について

会社にとって必要とされる人間になるなら、ホームページを作成する担当者になるのが一番です。

JZ173_350A
ホームページの存在しない会社は今時存在しませんし、ホームページは一度作ったらそれっきりというわけにはいきません。
中にはほったらかしのホームページもありますが、そういった会社はイメージダウンが避けられません。
それならば最初から作らないほうがどう考えてもマシなのです。
しかし、きちんと作ろうと思ったら大変なので、ほったらかしにするつもりがなくてもそうなってしまう、ということもあります。
最近はそういった人達のために、ホームページ作成を代行する会社が台頭してきています。
それらを利用すれば面倒な手間をかけずにホームページを作れますし、放置してしまうこともありません。
どうしても自分にはホームページを作成する能力がない、というのであればそれらの会社を頼りましょう。
下手に自分で作ろうとするよりも遥かに効率的なホームページが作れることは間違いありません。
何せその道のプロフェッショナルなのですからね。
作成代行会社はいくつかありますが、オススメ出来る所はいくつか私も知っていますので、その中から厳選して紹介していければいいなと思っております。

ホームページ作成、初期費用無料の罠

会社のホームページ作成を依頼する際に初心者が陥りがちなのが、初期費用の部分です。

GA102_L
初期費用がかからない、無料でスタート、といううたい文句に乗せられてしまわないようにしましょう。
最初に費用がかからないのはなんだかお得な気がするのは当然の心理です。
ところが、初期費用がかからないという点だけにしか目がいかないのは危険です。
初期費用が少しかかったとしても、数年利用すると考えて計算した場合、4~5万円も差がでてしまうことだってざらです。
これはかなり大きい差ですよね。
ホームページの制作費用については、目先の安さにとらわれるのではなく、先をみて総額でいくらになるかということに目をむける方が賢いといえます。
同じ物をつくるなら、もちろん経費を少なく抑えたいものです。
初期費用がかからないところは月額料金が高めに設定してあることがほとんどです。
最初にお金がかからない、ということをアピールしてきますので意外とひっかかりやすい部分でもあります。
早くホームページを作って欲しいからと慌てて契約しないで、落ち着いて検討して費用の折り合いがつくところを見極めていけるといいですね。
携帯の契約でもありがちな月額料金高めの初期料金無料といううたい文句にはご注意です。

ホームページ制作

ホームページの作成をすることになった平社員

一昨日の午後には、社長から突然に名指しの呼び出しがあったので、
自分が何かしでかしたのかと思いながら社長室に入りました。
社長は、ホームページやインターネットに詳しかったよねえ、と私に話しかけてきました。
何か嫌な予感がしたのですが、話の内容をまとめると、
我が社の会社のホームページをリニューアルしたいが、
外部に頼むお金がないからネットやサイトに詳しい社員に頼みたい、ということでした。
ただの素人だからそんな荷が重いことはできないと断ったけれど、
結局社長命令で押し切られてしまいました。
そんな経緯で、平社員でありながらもホームページを作成することになりました。
その分お給料を上げてもらわなければと思いつつ、
この機会に会社のホームページを開いてみたところ、
あたかも素人が作ったようなサイトでした。
たしかにリニューアルの必要性を強く感じました。
会社のホームページを作るのだから、
自分のサイトとは違う公共的なものになり、注意すべきポイントがいくつかあります。
リクルートについてのページ等、必要不可欠なページがあります。
さらには、よくある質問のためのページ作成といった作業が山のようにあります。
やることが多いですが、自分の好きなように会社ホームページを作ろうと思います。